にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

2016年06月13日

ドキドキの朝 一緒に出勤

先週の火曜日の事です。

ミルヒはいつも、6時半頃に、トイレに行きたいから
私をカリカリしながら起こすの。

でも、この日は、全然起きなくて・・・
起こしてトイレに連れて行ったけど、
フンもチッコもしない。
いつもはすぐにフンするんだよ。

でね、1階に降りて様子を見てたら、長座布団の
上に居て動かない。
もちろん、ご飯エサも食べない。

いつも騒ぐヨーグルトもまったく口を付けない。




過去2回のヘルニアの時と同じで、
ノイパパと不安になる。



背中を触ったけど、良く解らない。

心配だから、朝、休みを貰って病院に連れて行く
内臓系かもしれないから、いつものホームドクターの所。

状況を説明して、診察室で歩き方を診ようとしたら
ミルヒが歩いて走って診察室から出て行った。
そして、入り口のマットの上でフン

病院嫌いになってるミルヒは、怯えて脱糞だねふらふら

家では動けなかった、動かなかったミルヒが
病院で走れたから、こうなるとヘルニアではないね。

体温を計ったら39度7分もあったの。
熱が高いってことは何か炎症が起きてるのかも

注射してもらって、抗生物質のくすり貰って帰宅。

帰宅したら、今度は私が眩暈しちゃって、
この日は、大事をとって、会社は完全にお休みして
午後は、ミルヒとノイスと一緒に寝てました。

そして翌日、ノイパパは出張で居なかったし、
ミルヒはやっぱりこの日も起きなくて・・・
それでも庭に出したら、フンとチッコも少量だけど出た。

私が出社準備で洗面所に居たら追いかけてきたけど
なんかふらふらしてる。
足運びは明らかにおかしい。
方向転換は座ったままだし、2.3歩歩くと
座っちゃう。
こりゃヘルニアじゃないの?

迷ったけど、もしもヘルニアなら、三郷に行くか・・・

ノイパパに電話して、ミルヒの様子がおかしいから
ミルヒを会社に連れて行って良いか確認。

月曜日は、私が病院で欠勤して、昨日はミルヒの病院で欠勤
さすがに3連休するわけにはいかない。

午前中、会社で様子を診て、ダメそうなら午後の
診察に連れて行こうと思った。
それで一緒に出社。
キャリーバックを机の脇に置いて、座布団も置いて
お水も置いて準備OK。

ミルヒさん、ヘルニア手術後は会社にしばらく
出社していたから、会社に居ることは慣れていて
気配を消す技を覚えてる。

電話が鳴ろうが、お客さんが来ようが
構わずキャリーの中で寝てる。
たとえ起きても声など出さない。動かない。

それでもお昼前に、コヒー屋さんが来て
私が給湯室に行くと、私を追いかけてとことこ
歩いてきた。
同僚が「どこの行くの?」と声をかけたので
技術部のT君が誰に話しかけてるの?って振り向いたら
ミルヒが居たんで驚いてた。
朝から居たんだけど、出社した時に違う部屋に居たから
ミルヒが居ることに気づかなかったらしくて。

T君ちも2ワン居るから、ミルヒのように気配を
消す犬(笑)に驚いてたよ。(笑)
朝、ちゃんと歩けなかったミルヒもこの時は
すたすたと歩けたので、私はそっちに驚く。
朝の様子はなんだったの?歩けるじゃんexclamation×2

仮病?

歩けるなら大丈夫だと思って、病院は行かなかった。
夕方、出張先からノイパパが出社。
ミルヒさん、ノイパパが声をかけても尻尾振って終わり。
あっさりね。

結局、18時の退社まで、一度も吠えずに
じっとしていたミルヒ。

帰宅して、ノイパパに、朝のミルヒは歩けなかったんだよ。
騙されたよ。って言ったら、
パパは犬が芝居できる訳ないんだから
やっぱりどこか調子悪かったんだろうって言うのよ。
まぁ、そう、言われればそうなんだけどね。

それから、ずっと、ノイパパからは、毎日
ミルヒはどう?とか電話かけてくる。

私より、ノイパパの方がミルヒのヘルニアには
トラウマがあるのかもね。

ほんと、ドキドキした二日間でした。


ニックネーム ノイスママ at 00:00| Comment(4) | ミルヒ ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

左右の股のサイズが違う

先週の右足を10分間だけ付けなくて
再発を疑っちゃった事件。

2度目のヘルニアで麻痺が酷かった
右足の筋肉量の違いから起きたのか・・・

触ってみて確実に解る筋肉量の差
今回、股のサイズを計ってみました。

「ミーちゃん、ポンポン見せてぇ〜」
20140823_1103.jpg
すぐ寝るミルヒ(笑)

20140823_1107.jpg
写真の撮り方が悪いけど、右足は
筋肉が少ない分、床から上に上げる
力(維持力)が少ない気がします。

まずは、筋肉ついてムチムチしてる
食べたら美味しそうな(笑)左足股肉。

20140823_1100.jpg

20140823_1099.jpg

22cmです。触ると弾力もあって素敵な感じ。

次は問題の右足股肉
201470823_1097.jpg

20140823_1098.jpg

17cm顔(なに〜) 5cmも差があるexclamation×2

股肉の内側下部が無い感じ、
厚みも無いけど細いのよね。
歩くスタイルだと股の後方部分なのかなぁ〜


1度目のヘルニアでは、ステージ4の排尿障害の
あるもので、左右の後脚麻痺が
同じで、術後、立ったり、歩いたりする
までに長い時間が掛かったけど、
両足だったからこんなに左右の差は出なかった。

2度目のヘルニアでは、ステージ3
前回よりは低いレベルなのに、ヘルニアの子の
MRIをたくさん撮影している技士の方も
珍しい特異な出方と言うくらいでした。
またもおしっこの問題があって、手術にしたけど
左足が動かせたから、歩けるようになるまで
も早かった。

早く歩けるようになったことと
2度目と言う事もあって、リハビリに
対して一度目ほど頑張らなかったから
こんなに差が出てしまったのかなぁ〜

片足に負担が大きいと、バランスを崩し
ほかの部分に負荷がかかるから、
再発を防ぐためにも、右足の筋肉が
付くようにリハビリしようかと思います。
1度目も2度目も、椎間板が半分しか
出てないのに麻痺が強く出てしまう
珍しい厄介な体質だもんね。
残ってる半分や別の場所で
飛び出しても怖いから。

まだ術後8カ月だもんね。頑張ろうexclamation


ニックネーム ノイスママ at 11:34| Comment(2) | ミルヒ ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

ドキッとした出来事

お盆休みは、ミルヒの病院とお墓だけで
お出かけ予定も無く、家でのんびり。

そんなのんびりした気持ちを吹き飛ばす、
血の気が引くような事が、眼科へ行く2時間前に
ありました。

送り盆でお墓へ行くのに、パパには早めに
外出先から帰宅してもらった午後2時頃。

パパが玄関扉を開けた時、なぜか、ミルヒは
廊下ではなく、玄関の土間に降りてた。

その後、リビングに入って来たときに
後ろ右足が床にちゃんと付けてないの。
ミルヒは痛そうでもなく三本足で平気な顔して
動いてる。

えーがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
ヘルニアで麻痺してる時の事が頭に浮かび
「再発」の二文字で頭は混乱顔(なに〜)
血の気が引くとはまさにコレだよ。

足の感覚があるかツネッて見たけど反射が無いもうやだ〜(悲しい顔)

何、また????

でもそれも10分くらいで普通に歩けたexclamation×2

今のは何だったexclamation&questionexclamation&questionexclamation&questionexclamation&question

もう、本当にビックリしたよexclamation×2

眼科は三郷だから、眼科の前に三郷のT病院の
M先生に診てもらう・・・
今ならちょうど16時からの診察に間に合う・・・
なんていろいろ考えちゃったよ。

歩けたから、眼科だけにしたけど・・・
ミーさん驚かさないでふらふら

もしかして、廊下が薄暗かったから、
落ちて、少しだけ足が痛くて床に付けなかっただけかしら。
それにしても、反射が無いのはおかしい。

わたしのツネリ方が弱かったのか?


ヘルニアの麻痺以来、右足の筋肉の付き方は
左足とは全然違う薄ペラなのよね。
お散歩行かないし、歩き方も多少ぎこちなさは
残るから、きっと右足にはあまり力を入れない
歩き方で仕方がないんだなぁ・・・・

早く歩いてると、解らないけど
ゆっくり歩いたり、立ってると、
右足の力の無さは解る。

ゆっくり歩いてると、知らない人に
「この子歩き方が変だね。」
って言われるからそうなんだよね。

ミルヒのビックリ事件も10分くらいだったから
最終日だけは、ノイスも退屈そうなので
研究学園駅の公園へGO車(セダン)

20140817_1059.jpg

20140817_1069.jpg

20140817_1079.jpg

20140817_1090.jpg


ちゃんと歩いて一週できましたClap
あー良かった黒ハート

もう、ドキドキしたくないわ顔(汗)

ニックネーム ノイスママ at 12:58| Comment(8) | ミルヒ ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村